1. TOP
  2. 借金で首が回らない!自己破産者が復権出来るまでの期間は?

借金で首が回らない!自己破産者が復権出来るまでの期間は?

様々な理由で多額の借入を行い、返済ができず借金で首が回らなくなると言うことは誰にでもあり得る人生のリスクです。

事情はどうあれ借りたお金の返済をするのは当たり前のことですが、あまりにも多額の場合や、なんらかの事情で返済ができないという時に検討される方法に「自己破産」があります。

今回は自己破産を検討されている方に自己破産について知っておきたい知識と、自己破産者が復権するまでの期間について解説して参ります。

そもそも自己破産って何?

s_2706c968fdc09c137e1d99e580d42b8b_s
ドラマやマンガ、ニュースなどで度々登場する自己破産ですが、正しく理解しているでしょうか。

自己破産とは借金で困っている方を救済する「債務整理」の方法の一つです。
債務整理には、
「任意整理」
「民事再生」
「自己破産」
の3種類があり、それぞれに特徴があります。

任意整理

s_83c6ecc237c9382edc148dd3f4ca85c5_s
任意整理とは、裁判所などの公的機関の力を借りず、借金の減額や免責を交渉する方法です。借金問題で最も一般的に行われる方法の一つで、司法書士などの専門家の力を借りながら進めていきます。

具体的な方法としては、近年耳にする機会の増えた「過払い金」の計算を行い、過払い金がある場合は余剰分を返済に充てます。
過払い金だけでまかなえることは稀ですので、債務者との交渉によって今後の利息を減額してもらったり、返済期限を伸ばしてもらいながら適切な返済計画の元、借金を減らして行く方法です。

もちろん、交渉を行った金融機関で借入が行えなくなるなどのデメリットはありますが、債務整理の方法としてはリスクが最も少ない方法となります。

個人再生

s_6207c357efe4c93de7b2ef91111858bc_s
個人再生とは、裁判所を介して行う債務整理の一つで任意整理と自己破産のちょうど中間の位置にあります。

個人再生は借金の減額を目的に行う手続きで、現実的に返済が可能な金額を算出し、裁判所に対して「再生計画」を提出します。そして、その届け出が認められ、裁判所からの許可が出れば借金の金額を5分の1にまで減額することができます

また、減額されるだけではなく返済計画を3年から5年程度の期間に設定し、債務者に了承していただく交渉ですので、これまでより返済の負担を少なくしながら、確実に借金を減らしていくことができる方法となります。

自己破産

s_814556c4e2ef9b92feca332614edc742_s
自己破産とは、裁判所を介して行う債務整理の方法で、債務整理の方法としては最も大きな代償を必要とします。

個人再生の目的が借金の減額だったのに対して、借金の帳消しを行う自己破産は裁判所に破産手続きを提出し、免責許可が出ればこれまであった借金が全てなくなります

しかし、なくなるのは負債である借金だけではなく、住宅や車などの財産は全て現金に換えられ債務者に分配されます。

また、20万円以上の預金も没収され返済に充てられます。つまり、すべての財産と同時にすべての借金を帳消しにするまさに最終手段と呼べる方法となります。

さらに申請すれば誰でも免責許可が出るというものではなく、負債額、収入、資産などの観点から総合的に判断されるため場合によっては免責許可がでないこともあります。

自己破産による制限

s_413fd79f816d7de03c7671224850698b_s
債務整理の最終手段とも言える自己破産、実際に行うとどんな制限があるのでしょうか。

自己破産による主な制限は

  • 士業や保険業など一部の職種に就くことができなくなる
  • クレジットカードの発行、ローン借入などができなくなる
  • 住所、氏名などの個人情報が特定の機関紙で公表される

などがあります。

一般的には、自己破産をしてしまうと一生「破産者」として不自由な生活を強いられるようなイメージがありますが実はそうではありません

自己破産者として制限を受ける期間は自己破産手続きを行い、借金の支払い義務がなくなるまでの期間であり、何らかの形で借金の支払い義務がなくなったタイミングで自己破産者ではなくなります

自己破産による制限がなくなり一般人に戻ることを「復権」と呼びます。

自己破産者が復権するまでの期間

自己破産者が復権するまで期間は大きく3種類があります。

どの場合も負債がなくなったタイミングであるという共通点はありますが、手続きの内容によって復権するまでのタイミングが変わってきます。

それでは3つのタイミングについて見ていきましょう。

免責許可による当然復権

s_83c6ecc237c9382edc148dd3f4ca85c5_s
一つ目は免責許可による「当然復権」です。自己破産手続きを行った方のほとんどはこの方法によって復権します。

自己破産手続きは全ての資産を手放すことによって、借金を帳消しにする方法であることは先にお伝えいたしました。

つまり、法律上は破産手続きを行って免責許可がおりたタイミングで全ての借金がなくなったものとして解釈されますので、免責許可がおりた瞬間から自己破産者ではなくなります。

手続きの進行程度によって多少前後はしますが、自己破産を行い免責許可が下りるまでは3ヶ月〜半年程度です。したがって、免責許可をもらい復権するまでの期間は長くても半年程度と思っていただければ問題ありません。

免責許可以外での当然復権

s_6207c357efe4c93de7b2ef91111858bc_s
先ほど紹介した、免責許可による当然復権以外にも当然復権する方法があります。

万が一、免責許可が下りなかった場合の対処法としては、

「個人再生手続きを行い、帳消しではなく返済を行う方法」
「何もせずに借金の時効を迎える方法」

という2通りです。

免責許可が却下されてしまった後、個人再生手続きをする場合は、再生計画を申請し再生計画が認められると、「個人再生中」というステータスに変わり復権することができます。

ただし、個人再生を行う場合では、自己破産手続きの開始から個人再生が認められるまでに1年程度かかるため、1年程度は自己破産者として制限を受けることになります。

また、意外に思われるかもしれませんが借金には時効があり、借りた相手が消費者金融などの法人の場合で5年、個人の場合で10年経てば返済の義務がなくなります

そのため、免責許可が下りなかった場合、何もせずに借金を放置しておけば5年もしくは10年後には借金の返済義務がなくなり、時効を迎えた瞬間に復権することができます。

このように、免責許可以外では「個人再生手続きを行う」「借金が時効を迎える」というケースなどにも当然復権し、一般人に戻ることができます。

申し立てによる復権

s_814556c4e2ef9b92feca332614edc742_s
最後に、当然復権以外にも「申し立てによって復権する方法」もあります。

これまでの解説の中で自己破産手続きを行い、借金の返済義務がなくなった場合に復権ができるとお伝えしましたが、免責許可がおりなかったが自分で借金を全額返済した場合、何らかの特別な事情によって借金の返済義務がなくなった場合も、申し立てによって復権することができます

このような場合、返済義務がなくなったからといって自動的に復権するわけではなく、返済義務がなくなった旨を裁判所に申告し、申し立てを行うことで復権することになります。

このケースは、「個人間でお金を借りており、相手の意向によって返済が免除された」というような場合や、「免責許可は下りなかったが特別な事情によって時効を待つことができず、努力して返済を完了した」というような特殊な場合に利用される措置となります。

復権と与信審査の関係

s_yo150301340i9a0870_tp_v
自己破産をする際に気になることに、「クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりはいつからできるの?」ということがあると思いますが、少し注意が必要なので復権と与信審査の関係についてもご紹介したいと思います。

復権すると一般人に戻ることになりますので上記で紹介した自己破産による制限は解除されることになります。

では、「復権した時点からクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりできるようになるの?」と疑問に思う方もいると思いますが、自己破産者の制限にある「クレジットカードの発行やローン借入ができなくなる」ということは、特に法律で定められているわけではなく、民間の判断によるものであるという点を理解しておく必要があります。

復権することと与信審査は全く別物

s_c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s
クレジットカードやローンなどは基本的には企業と個人で行われる契約であり、お金を貸すか貸さないという判断は企業が行うことになります。

自己破産者にお金を貸してはいけないという法律は一切ありませんので、本来であれば自己破産者に対してお金を貸しても何ら問題ありません。

ただし、自己破産者にお金を貸したいという企業は当然存在しないので与信審査に通らなくなるということです。
つまり、自己破産によって与信審査に通過しなくなるのは法律的な制限ではなく、企業の与信判断によるものだということを理解しておくことが重要です。

一度自己破産をすると生涯与信審査に通過できない?

ffc545acadc7527f7914dec17610ca9c_s
では、自己破産をすると”生涯与信審査に通過することができないのか?”と言うと、そうではありません

基本的に与信審査は、どの金融機関であっても申し込み情報と合わせて、
「CIC」
「JICC」
「全銀協」
の3つの信用情報機関の情報を元に審査を行います。

自己破産をすると「自己破産をした」という情報が信用情報機関に登録され、CIC、JICCで5年間、全銀協では10年間保管され続けます
したがって、自己破産情報の残っている期間は与信審査に通過することは、ほぼありえないと思っていただければ間違いありません。

ただし、3つの信用情報機関から「自己破産した」という情報が抹消された後は、基本的には過去に自己破産歴があるかどうかを調べることはできなくなりますので、与信審査に通過する可能性が出てきます。

また、金融機関によっては3つ全ての情報を参照する企業もあれば、CIC、JICCしか参照しない企業もあるようですので、最短で5年経てば審査に通過する可能性が出てくると認識していただければ良いでしょう。

まとめ

自己破産者から復権するタイミングは「免責許可がおりた時」、免責許可が下りなかった場合は、「自己破産手続きの破棄」「個人再生が認められた時」「何らかの理由で借金の返済義務がなくなった時」となり、早い場合は3ヶ月程度、最長で10年程度と人によって期間は様々です。

ただし、自己破産手続きを行うと免責許可が下りることがほとんどなので、特別な事情がない限り半年ほどと覚えておけば問題ないでしょう。

しかし、復権=クレジットカードやローンの審査に通るようになるわけではなく最低でも5年は縛りを受けるということは忘れずに。

今回ご紹介させていただいた内容を参考にしていただき、適切な対処法で借金問題を解決していただければ幸いです。

もしこの記事を読んで良いなと思ったり、他の人に教えてあげたいと思ったらブックマークやいいね!を押してもらえたら嬉しいです!

\ SNSでシェアしよう! /

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

渡辺先生

渡辺先生

年齢は恥ずかしいから非公開という恥ずかしがり屋の一面を持つ女性です。

お金に関する知識はマネコ運営者の中でも群を抜いていて、得意ジャンルは
■保険
■各種ローン
■債務整理
などなど・・・

お金の事なら何でも知っているのではないかと思うほどの恥ずかしがり屋最強女子です!!

この先生が執筆した記事  記事一覧

  • 結婚式の費用が足りないときに!このページを読めばブライダルローンのすべてが分かる!

  • 中小消費者金融のメリット・デメリットと利用する前にやっておきたいこと

  • 年金を担保にしてお金を借りる「年金担保ローン」について

  • 借金で首が回らない!自己破産者が復権出来るまでの期間は?

あなたにおすすめの関連記事

  • 誰でもできる簡単な借金の返し方まとめ

  • 夫の借金を理由に離婚できる?返済義務は?

  • 借金があると生活保護申請出来ない?ばれる?返済に充てても良い?