1. TOP
  2. ゆうちょ銀行(スルガ銀行)・郵便局カードローン「したく」のメリット・デメリット

ゆうちょ銀行(スルガ銀行)・郵便局カードローン「したく」のメリット・デメリット

自分の夢や目標むかって早速スタートをきりたいけれど、手元には余裕の資金がない…

そんな方にオススメなのが、ゆうちょ銀行(郵便局で金融サービスを提供)のカードローン「したく」です。

このカードローン「したく」の特徴は、5つ。

  1. 手続き、入会金、年会費などが一切不要
  2. 返済口座開設や印鑑が不要
  3. 保証人不要
  4. 収入証明書不要
  5. スピード審査
    (電話から申し込むと最短30分で審査(仮審査)の回答可能、原則電話とインターネットから申し込む場合、即日審査(仮審査)としています)

この特徴から見ると、さまざまな手続きが不要で、手軽にできる事がわかりますね。

  • すぐそばにある
  • どこにでもある
  • 身近な郵便局のネットワークをいかした金融機関

それが、ゆうちょ銀行の魅力です。

ここでは、ゆうちょ銀行(郵便局)で申し込みができるカードローン「したく」について、知っておきたい点を、一気に解説いたします。

カードローン「したく」はどのような融資制度なのか

1a53b1eacc7cd840be4da5f0efbd18bb_s

カードローン「したく」とは、ゆうちょ銀行が代理となり、スルガ銀行が融資を行っている個人向けローンのことです。

こちらは一般的なカードローンとは違い、ゆうちょ銀行のカードローン「したく」の使途(つかいみち)には、全く規制がありません
つまり、自分が使いたいことに対して自由にお金を使うことができる融資制度なのです。

ゆうちょ銀行が直接行っている貸付けには、

  • 財産形成貯金担保貸付け
  • 貯金担保自動貸付け
  • 国債当担保自動貸付け

の3つがありますが、どれも貯金や国債を担保とすることで、融資を受けることができます。

一方、カードローン「したく」は、ゆうちょ銀行が直接融資をするのではなく、スルガ銀行が融資をしていますので、貯金や国債を担保にしてお金を借りる制度とは異っています。

ゆうちょ銀行とスルガ銀行の関係とは

4e95e0fbf345667e4fa5a8af7e56d5cb_s
ゆうちょ銀行とスルガ銀行は、2007年に個人ローン業務において業務提携をかわしています。それ以来、ゆうちょ銀行では、スルガ銀行の提供する個人ローンに係る契約を締結したり、販売促進活動などを行っています。

個人でカードローンを申請する際、自分が住んでいる地区に都市銀行や地方銀行などがある場合は、豊富な選択肢があります。

しかし、地方や遠隔町村地区には、都市銀行や地方銀行の支店が存在していないことが多いため、全国47都道府県に支店や出張所があるゆうちょ銀行(郵便局)ならではの、立地や利便性を活用して申請できるカードローン「したく」は、地方在住者にとって非常に便利で且つ魅力的な融資制度といえます。

ローンを受けられる条件とは

どのような人が融資を受けることができるのでしょうか

c48549e5450e30d62215e30331440f8e_s
条件は3つあります。

【条件1】日本国内に住んでいる
【条件2】20歳以上70歳以下
【条件3】安定した収入がある

この3つの条件を満たしていれば、どなたでもカードローン「したく」を申し込むことができます

毎月安定した固定収入があり、定められている年齢内であれば、パートの主婦や契約社員、そしてアルバイトや高齢者でも、融資を受けることができます。

また、融資を申し込む際に、公的に発行された収入証明書の提出も必要ありません
但し、勤務先に対し在籍確認がされますので、くれぐれも虚偽の報告はしないように注意してください。

また、融資の申請には「担保」「保証人」は必要ありませんので、どなたかにお願いするという手間も省けます。

融資金額や限度額はどれくらいでしょうか

N695_ichimanensatu_TP_V
融資の限度額は最高500万円までです。
※但し、初回の場合に限り300万円までと定められています。

500万円という大きな金額を借りることができるため、他のカード会社・銀行、あるいは貸付業など複数に分けてお金を借りるという面倒な手間も省けるのではないでしょうか。

融資利率や返済方法などはどうなっているのか

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s
カードローン「したく」の利率: 年利7.0%から14.9%と設定されている固定金利制度です。
前述のようにローンそのものは、スルガ銀行からの融資のため、利率もゆうちょ銀行ではなくスルガ銀行が決定しています。

【ローンの返済期間】
毎月1日から20日まで利用した分を、当月20日から翌月1日までの期間中に返済します。

【返済方法】
返済金額と返済方式には、ミニマムペイメント方式がとられています。
ミニマムペイメント方式とは、聞きなれない方式ですが、これは毎月の利用残高によって最低返済額が決まる方式をいいます。

(例)
借入残高が10万円以下であれば月々最低3000円以上、10万円超20万円以下であれば月々最低6000円以上、という風にすでに月々の返済額が設定されいるのです。

スルガ銀行のサイト(http://www.surugabank.co.jp/yl/cl/outline.html)に、借入残高ごとの月々返済額が記載されていますので、実際に確認してみましょう。

そして、返済方法ですが決められた期間中に、ATM(郵便局やスルガ銀行のATMなど)から自分で入金する方法になります。

カードローン「したく」は、自動的に銀行口座から引き落とされて返済されるという方式ではないため、口座開設をしなくてよい手間いらずの反面、返済においては、毎月、自分でしっかり払ってゆく、というデメリットもあるので覚えておきましょう。

後程解説いたしますが、遅延損害金も当然発生しますので、返済遅延だけは絶対に避けてください

利用残高や明細は、スルガ銀行の会員サイトあるいは電話で確認することができます。

紙による明細書の発行(申込時に選択)を希望している方は、半年ごと(4月と10月)に郵送されてきますので、しっかり確認するようにしましょう。

ミニマムペイメントのメリットとデメリット

328d2fd3e17d618b21ef8d780b5976f9_s
【ミニマムペイメント方式のメリット】

【1】毎月の返済額が一定していること
【2】月々の返済額が少額のため無理なく返済が進んでゆくこと

【ミニマムペイメント方式のデメリット】

【1】月々の返済額が少ないこと
【2】返済額が少ない分だけ返済期間も長くなること

つまり借入期間が長ければ長いほど、返済総額も大きくなる傾向があります。

さらに参考知識として、ミニマムペイメント方式は、月々の返済額は一定でも返済額には利息分も含まれている、ということを覚えておきましょう。

例えば、月々3000円返済していても、そのまま元金から3000円が減るのではないということです。

例として、カードローン「したく」を利用し10万円を借入し、契約者の返済利息が10%に決定された場合を考えてみましょう。

カードローン「したく」の10万円以下の借入残高の場合、月々の返済額は3000円、と設定されます。
単純に考えて10万円マイナス3000円なので、次回の借入残高は9万7000円になっていると思いますが、実はそうではありません。

単純な計算をしてみた場合、元金(10万円)の年利10%の利息(10万円x10%=10000円)の1日の利息は27円(切り捨て)となるため、月々の利息は約821円から849円(切り捨て)の間となります。

このように、3000円から821円(あるいは849円)を差し引くと、元金からの返済は3000円ではなく2179円(あるいは2151円)となるのです。

つまり、1回目の返済後の元金残高は9万7000円ではなく、9万7821円(あるいは9万7849円)となります。

ミニマムペイメント方式には、このようなメリット、デメリットがあるのでそういった点もしっかり加味したうえで検討を行いましょう。

カードローン「したく」の返済方法はミニマムペイメント方式のみですが、まとめて多く返済したい場合には任意返済といって決められた返済額以上の返済が可能ですので、余裕がある方は、早めに返済してみましょう。

融資を申し込む際に必要な書類とは

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s
申請に必要な書類は以下3つです。

【1】カードローン「したく」申込書

【2】外国PEPsの確認(現在、犯罪収益移転防止法にもとづき、外国の政府など重要な地位にある人、またそういった地位に過去あった人、またそういった地位にある人の家族、そういった人たちの実質的支配者である法人、に対して、金融機関はその旨を申告するよう義務付けしています。該当しない方は、特になにもする必要はありません。)

【3】本人確認資料のコピー 以下のうちどれか1つ
運転免許証、個人番号カード、住基ネットカード(顔写真付き)、パスポート、健康保険証、外国人の方の書類(外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書)

但し、パスポート、健康保険証、外国人の方の書類の場合は、加えて、住所が確認できる公的料金領収書あるいは国税・地方税の領収書のコピー、あるいは住民票・印鑑証明書・納税証明書の原本、これらのいずれかもあわせて提出してください。

申し込みの手順

1b5fcfbdd7f17aa436565c1a14d508c4_s
カードローン「したく」の申請方法は、インターネット、電話、メールオーダー、あるいは窓口から、4つの手段で融資を申し込みます。
日ごろの時間や生活スタイルに合わせて選択できるので大変便利です。

■インターネットから
ゆうちょ銀行(郵便局)のウェブサイトにアクセスし、カードローン「したく」の申し込みというボタンをクリックします。最初に同意書が表示されますので、すべて読み納得したところで、同意するボタンをクリックします。続いて、個人情報、住所、家族、電話番号、そして勤務先情報などを入力し、送信ボタンをクリックします。

■電話で
電話の場合は「スルガ銀行ゆうちょローンサービスセンター」へ直接電話(フリーダイヤル:0120-508-911)し申し込みをします。電話受付は、月曜から金曜日の平日、朝9時から夜7時までです。

■メールオーダーで
カードローン「したく」の資料を請求すると、申し込み書類が同封されてきます。ゆうちょ銀行の窓口、モバイルから、インターネットのサイトから、資料請求ができます。

■窓口で
ゆうちょ銀行(スルガ銀行ローン取扱店)が全国各地に233店舗あります。
自分の住んでいる地区にあるかどうか、まずゆうちょ銀行のサイトで、取扱店舗を検索(http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/loan/kj_ln_access.html)あるいは、自分の口座のあるゆうちょ銀行の支店へ直接問い合わせてみましょう。

融資スピード

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s
カードローン「したく」の特徴の1つにもあるように、電話申し込みの場合は、最短30分で融資が可能かどうかの回答(仮審査)を受けることができます。

また、インターネットと電話からの申し込みであれば、どちらも原則的に即日(申込当日あるいは時間によっては翌日)融資が受けられるかどうかがわかる仮審査をを実施しています。

融資申込後、仮審査がおりると、申込書が自宅あるいは勤務先に郵送されてきます。
申込書に必要事項を記入し、本人確認資料のコピーを添えて、返送します。

そして、いよいよ本審査を受けます。

カードが発行されるまでの日数の目安として、

  • メールオーダーの場合最短2週間程度
  • インターネットと電話の場合は約2週間から3週間程度

となっています。

本審査で承認され、カードが発行されるまでに時間がかかりますが、電話、インターネット、そしてゆうちょ銀行の窓口、どの申請方法をとっても、仮審査に続いて実施される本審査(契約書や必要書類提出後)は、すべてスルガ銀行と銀行所定の保証会社が行っていため多少時間がかかってしまいます。

本審査の結果は、電話か郵送どちらかの手段で、申し込みをした本人に直接連絡がはいります。
どの方法で申し込みをしても、申込書と本人確認書類が速やかに提出され、本審査がおりてからでなければ、ローンカードが発行されません。

また、郵送でローンカードを受け取ったら、同封されているカードローン「したく」の利用開始手続き専用電話番号(フリーダイヤル0120-195-955)へ速やかに連絡し、カードを使えるようにしてください。

さぁ、これで、カードが使えるようになりました。

ローンカードは、利用限度額内であれば、

  • 全国のゆうちょ銀行
  • スルガ銀行
  • ゆうちょ銀行とスルガ銀行が提携しているATM(セブン銀行、E-netマーク、タウンネットワークサービス、イオン銀行、そして全国の提携金融機関に設置してあるATM・CD)

で利用できます。

近所のコンビニのATMでも利用できますので、大変便利です。

カードローン「したく」の注意点

max16011508-2_TP_V
■ゆうちょ銀行と提携金融機関ATMからの出金1日上限合計額は200万円までです。
(もちろんそれ以下の場合でも各自契約した利用残高が上限となります)
また、ATM利用時間帯によっては出金(引出)手数料がかかることもあります(自己負担)ので、注意してください。

■返済が遅れている(滞っている)ときは、ATMからの借入はできません。
また、融資限度額の増額もできません。

■遅延損害金は年利19.5%です。規定されている期間中(当月20日から翌月1日)に返済を逃してしまうと次回の返済額は多くなりますので、注意してください
例えば、前述の例をとり、借入残高10万円の利息10%で10日間返済が遅れてしまった場合を考えましょう。

この場合、10万円x遅延損害金(19.5%)を1年で割って日割り計算すると、1日53円(切り捨て)、これに遅延日数10日間をかけ、次回の支払いには534円(切り捨て)が追加発生します。

まとめ

s_d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s
カードローン「したく」は、大変簡単に申請でき、毎月の返済額も負担にならず、またゆうちょ銀行という信頼できる機関からの融資制度であることがわかりました。

「担保」や「保証人」が不要という手間いらずのカードローンですが、年利も決して低くありませんので、やはり借り過ぎには注意しましょう。

また、返済は自動ではなく、定められた返済期間中に自分でATMから返済額を振り込んでゆく制度であることを絶対に忘れず、遅延損害金が発生しないようしっかりスケジュール管理をしてください。

もしこの記事を読んで良いなと思ったり、他の人に教えてあげたいと思ったらブックマークやいいね!を押してもらえたら嬉しいです!

\ SNSでシェアしよう! /

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

勝村先生

1976年生まれ、1児の父。

大学卒業後、某大手銀行へ就職。
主にコンサルタント業務を担当。

銀行退職後はコンサルタントをしていた時に感じていた

”お金に関する知識をもっと知ればお金に困ることなく、楽しく暮らすことが出来るのに!”

という想いを形にするべく当サイト”マネコ”を立ち上げました。

現在マネコは協力者も増え、3人体制で運営しています!

これからも”学校では教えないお金の知識”を知ってもらうべく、定期的に更新していきます。

この先生が執筆した記事  記事一覧

  • お金がない時!金欠を乗り切る方法7選

  • 消費者金融・キャッシング・カードローンの限度額の仕組みはこうなっている!

  • 個人事業主がカードローンで融資を受ける方法

  • 車の運転免許はローンを利用して教習所に通って取得するのが賢い選択!

あなたにおすすめの関連記事

  • アイフル(sulali) 三郷上彦名店 無人契約コーナーのatm・店舗に関する詳細情報(電話番号・駐車場・店頭窓口・無人契約機など)

  • アコム 秋葉原昭和通りむじんくんコーナーのatm・店舗に関する詳細情報(土日祝日・18時以降の営業時間・駐車場・店頭窓口・マスターカード発行機など)

  • アコム 木場むじんくんコーナーのatm・店舗に関する詳細情報(土日祝日・18時以降の営業時間・駐車場・店頭窓口・マスターカード発行機など)

  • アイフル(sulali) 水島店 無人契約コーナーのatm・店舗に関する詳細情報(電話番号・駐車場・店頭窓口・無人契約機など)

  • アコム 為又むじんくんコーナーのatm・店舗に関する詳細情報(土日祝日・18時以降の営業時間・駐車場・店頭窓口・マスターカード発行機など)

  • アイフル(sulali) 江坂駅前店 無人契約コーナーのatm・店舗に関する詳細情報(電話番号・駐車場・店頭窓口・無人契約機など)