1. TOP
  2. 子供の学資保険の必要性とは?いつから入る?満期の考え方や一括払い・税金控除など、金額面でのメリット・デメリットまとめ

子供の学資保険の必要性とは?いつから入る?満期の考え方や一括払い・税金控除など、金額面でのメリット・デメリットまとめ

子供が生まれると、将来のこと、お金のことなど様々な事を考えていく必要がでてきます。
その中でも特にお金がかかるのが学費と入学金です。
特に入学金は金額が大きく、毎年入学金が払えないため大学に進学できないという人もいるほどです。

そんな時に役に立つのが学資保険。
このページでは学資保険について「学資保険の必要性」、「いつ加入したほうがいいのか」、「満期の考え方」、「一括払いについて」、「税金控除」、「学資保険のメリット・デメリット」など、大事なポイントを解説します。

Sponsord Links

子供の一人にかかる教育資金は1000万円以上!

s_211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s
小学校・中学校・高等学校・大学と、子供が進学するたびにお金がかかります。
それらの総費用を計算してみると、公立の場合で1000万円、私立の場合では2000万もかかるといわれています。
更に大学院に進学した場合は、より多くの教育資金がかかります。
また、受験時に塾に通う場合は、その分の費用も必要です。
では、この高額な教育資金を用意するには、どうしたら良いでしょうか。

おすすめは学資保険

s_d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s

高額な教育資金を用意するのにベストな方法は学資保険でしょう。
学資保険は、子供の教育資金や急なお金が必要になった時のために、積み立てておく保険のことです。

貯金よりも利率がよく、支払った金額よりも多く受け取れるので多くの人が加入しています。(※元本割れするものもあるので注意しましょう)

学資保険は貯金と何が違う?

学資保険は貯金よりも利率がよく、支払った金額よりも多く受け取れるのが一番の違いです。
最近では保険料を支払う両親に事故や病気など、万が一のことがあった時でも満額の返戻金がもらえるタイプの保険も登場しています。
ほかにも子供が怪我や病気をした際の通院時の保障をしてくれるものなど、貯金するだけよりもメリットの多い保険となっています

学資保険に加入するのはいつがいい?

s_07885ae7da08e979589135a9cb48954b_s
学資保険に加入するなら子供が生まれてすぐの加入がベストです!
学資保険は住宅ローンなどのローンと同じで保険料の支払い期間を長くしたほうが、月々の保険料が安くなるという仕組みです。
また、学資保険には17歳に満期を迎える「17歳満期保険」と18歳に満期を迎える「18歳満期保険」の2種類が人気です。(22歳満期というものもありますが、17歳・18歳満期と比べると人気は劣ります)
この2つの違いは満期を迎える期間の長さというだけでなく、18歳満期保険の方が満期時に受け取れる返戻金の金額が多くなります

ただし、18歳満期保険の場合は子供が生まれた月によっては加入するタイミングがシビアなことがあります。
子供が満年齢を迎えた後に訪れる契約日が満期日(返戻金の受け取り日)となるので、注意が必要です

下の表は、保険の種類・子供の生まれた日・契約日から、満期がいつになるのかがわかるように表にしたものです。
list
たとえば子供が8月生まれで6月に保険に加入した場合、18歳満期保険は子供が18歳になった後の6月(大学1年生の6月)となるため、返戻金を受け取るタイミングでは大学の入学金支払いに間に合わなくなってしまいます。

学資保険に加入する時には、子供がいつお金を必要とするのかきちんと把握し、確実に必要な時に貰えるように契約日に注意しましょう。

学資保険を一括で払うとどれくらい安くなる?

学資保険に加入する際に悩むのが、保険料の支払い方法。
月払い・年払い・一括払いとありますが、その中で最もお得になるのは一括払いです。
ではどれぐらいお得になるのか見ていきましょう。

<契約者が25歳、子供が0歳の場合>
契約する保険:18歳満期保険
保険料(月払):約13,000円
保険料(月払トータル):約280万円
保険料(一括):約250万円
給付金受取総金額 300万円

この例の場合、保険料を毎月支払った場合だと約280万円です。
保険料を一括で支払うと約250万円となるため、約30万円ほどお得になる計算となります。

ただ、最初からまとまったお金を用意するのは、なかなか難しいものです。
そこでおすすめなのが、自分の支払い能力に合わせて支払方法を変えるというものです。

たとえば、3年間は月払いにし、その後にまとまったお金ができたら一括払いで残りの保険料を納めるというやり方です。
この方法を使うことで、子供が0歳の時に一括払いをするよりも保険料の総額は若干高くなりますが、毎月保険料を支払うよりも安く抑えることができます

学資保険も税金控除の対象になる!

すでに生命保険に加入している方は、毎年年末に生命保険の控除を申請していると思います。
学資保険も生命保険の一種なので当然控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されます

どのぐらい軽減されるかというと、
旧制度(平成23年12月31日までに契約したもの)では所得税が最大5万円、住民税が最大3.5万円
新制度(平成24年以降に契約したもの)では所得税が最大4万円、住民税が最大2.8万円
と決まっています。

学資保険に加入する際には、税金の控除額の事も考えておくとよいでしょう。

学資保険の内容は保険会社によって全然違う!

 

保険会社によって、保障内容と金利が違います。もちろん、返戻金にも差が出てきます。
保障内容を充実したいのか、それとも貯蓄の代わりに金利の高いものにしたいのかによっても、選べる保険は様々です。
加入する前に、学資保険を取り扱っている保険会社の利率の違いについてしっかりと理解・比較しておきましょう。
学資保険を取り扱っている保険会社の違いについては『』のページで解説していますのでよろしければそちらもご覧ください。

学資保険のデメリットは3つある

s_b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s

ここまで学資保険の良い側面だけを解説してきましたが、当然デメリットも存在します
学資保険に加入するうえで、デメリットを知っておくことはとても大切なことです。
加入前に絶対チェックしておきましょう!

学資保険のデメリットは以下の3つです。

契約時の金利は満期まで一定になってしまう!

返戻金に上乗せされる金利が、契約時の金利から満期まで変えられないため、もしも契約途中で今契約している学資保険よりも金利が高いものが登場したとしても、それに乗り換えることはできないことがほとんどです。
たとえば、契約を結んだときに5%の金利で、1年後に10%の金利のものが登場したときに「あ、乗り換えたいな」と思ったとしても、残念ながらこれに乗り換えることができないわけです。

途中で解約してしまうと、元本割れになってしまう可能性が高い

日本では近年景気が上向きつつありますが、それでも生活の質が目に見えてよくなったという実感はありません。
当然、学資保険の支払いが途中で苦しくなることもあるでしょう。
学資保険の支払いが苦しくなった時に解約してしまうと、支払った保険料よりも少ない金額しか返戻金が戻ってこないので、損をする可能性が高いです。

離婚すると返戻金がもらえなくなる可能性も

学資保険に加入後、離婚してしまった場合は返戻金がもらえなくなる可能性があります。
たとえば保険金の受取人が離婚した相手の場合、満期時の返戻金は相手の口座に入ってしまうため受け取れません。
このことを知らずに、「子供の入学金に使おうとしていたのに、いくら待っていても入金されない…。」とずっと待っていて、後からこのことを知っても既に返戻金は相手の口座に入っているため取り戻すことはできません。
なので万が一離婚することになった場合は、まず「契約者」と「保険金の受取人」を確認しましょう。
もし契約者と保険金の受取人が自分でない場合は、保険会社に連絡して自分になるよう変更してもらいましょう。

こうすることで、勝手に学資保険の変更や解約をされてしまったり、保険料の滞納による保険解約といったリスクを排除することができます
現時点で離婚を考えている方はいないと思いますが、返戻金が貰えないというのは最悪のケースなので、頭の片隅ぐらいに覚えておくとよいでしょう。

このページのまとめ

これまで学資保険について様々なメリット・デメリットを解説してきましたが、学資保険の魅力は「子供にまとまったお金が必要となった時に、計画的に積み立てることができる」というところです。

最後にこのページのまとめとして、大事なポイントを再度おさらいしましょう。

  • 貯金よりも利率が良く、支払った金額よりも多く受け取れる
  • 保険料を支払う両親に万が一のことがあった時でも満額の返戻金がもらえるタイプもある
  • 18歳満期は生まれ月と契約月によっては、返戻金が欲しいタイミングに受取れないことがある
  • 今契約している学資保険より金利の高い物が出ても乗り換えできない
  • 途中解約による元本割れのリスクがある
  • 離婚する場合には「契約者」と「保険金の受取人」を確認し、自分になっていない場合は変更が必要

子供のため、将来自分が苦労しないための選択として、学資保険への加入を検討しましょう。

もしこの記事を読んで良いなと思ったり、他の人に教えてあげたいと思ったらブックマークやいいね!を押してもらえたら嬉しいです!

\ SNSでシェアしよう! /

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

篠原先生

1985年生まれ、2児の母です。

20代前半はお金に関する知識には全く興味がありませんでしたが、20代後半で結婚式を迎えるにあたって多額のお金がかかることを知り、お金に興味を持ちました。

そして自分の結婚式ではクオリティは落とさず、誰でも出来る色々な工夫で結婚式の費用を持ち出し無しにすることが出来ました!

また、その時に残ったご祝儀で北欧へ新婚旅行♪

最近では家族が困らないよう、また無駄な保険料を払わないよう生命保険協会の資格を取得しました。

美容関連・結婚式関連・保険関連(主に学資保険)を得意としています。

この先生が執筆した記事  記事一覧

  • 【2016年版】ほぼ3万円までで買える彼氏・夫が貰って喜ぶ男性向けクリスマスプレゼント60選!

  • 【コーヒー1杯たった800円で予言が聞ける!】予約できない今話題の預言カフェ高田馬場店・赤坂店に行ってきた!

  • 【2017年版!】今年は100均でハロウィンインテリアが完成!おしゃれな雑貨・手作りアイテム特集

  • 【2017年版!】100円ショップダイソーで全部揃う!子供から大人、ペットのハロウィンコスプレ(仮装)グッズ特集

あなたにおすすめの関連記事

  • 学資保険の貸付申請方法とやってしまいがちな注意点

  • 今人気のペット保険!犬・猫・うさぎのために知っておきたい動物保険