1. TOP
  2. 車の運転免許はローンを利用して教習所に通って取得するのが賢い選択!

車の運転免許はローンを利用して教習所に通って取得するのが賢い選択!

誰もが一度は考えたことがあるであろう「運転免許の取得」。
今や車は生活の一部となり、また仕事をする上で必需品となっています。

早めに取得していないと、まとまった時間がなくなった際(学生が社会人になるなど)に、取得自体を諦めるようなことにもなりかねません。

そうなると仕事の幅は狭まってしまうかもしれませんし、「最強の身分証明書」が1つなくなることになります。

しかし実際には、運転免許取得をするには、時間とお金が掛かるもの。
お金に余裕のない学生さんや専業主婦では、簡単に取得できるものではないでしょう。

そこで、ローンを利用するという方法があります。

ここでは、運転免許を免許を取得するのにどのくらいのお金と時間が必要なのか、ローンはどうしたら利用できるのかについて、徹底解説していきます。

[SPONSORED LINK]

どれだけのお金と時間が必要か?

運転免許取得の方法の主なパターンは2つ.

まず、一般的で且つ効率的であるのが、自動車教習所を卒業して試験に臨むこと。

金額  :約30万円
平均期間:1カ月~3カ月

もう一つのパターンは、合宿免許。

金額  :約24万円
平均期間:2週間程度

上記のようにまとまった金額と、時間を準備する必要があります。

「免許を早く取得したい」けどまとまったお金がない!

そんな方のために、様々なローンが存在します。
運転免許取得資金のローンの金額は、一般的に30万円以下ということが多いので、将来仕事をするのであれば、1年以内での返済が可能です。

自分のタイミング且つ最良の選択をするために、免許取得資金をローンで調達し、早めの取得を目指しましょう。

免許取得資金にはどんなローンが使えるの?

1 銀行系カードローンを利用

銀行系カードローンを利用するメリットは、一度契約すると開設した枠内であればお金の出し入れが自由です。
極端な話ですが、30万を引き出して、翌日に30万返済することが可能です。

また、最近では親権者の同意があれば、学生も申し込みができる商品が存在します。

次にデメリットです。
金利は、収入や勤務先、他の借り入れ状況によって設定されるため、学生や主婦の方々が開設すると、金額が50万で申し込みをしても10万~30万の契約となってしまうことがあり、金利が低いことが謳い文句でも、与信リスクに対する考え方がシビアなので、金利も高くなる可能性があります。

ですので、銀行系のカードローンは、審査が厳しめと言えるでしょう。

※備考
いくら金利が高くても、早く返済すると気にする額にはなりません。
このことはこれから説明するすべてのローンに当てはまることですが、返済する意思と返済原資(バイト代などの給料)等を決めてから申し込むことが前提であるため、予め返済計画を立ててから調達を行えば特に金利は怖くありません。

要は、30万円とをどう返済するかを必ず考えてから申し込みをすることが重要なのです。

2 消費者金融系カードローン

基本的な商品性は、銀行系カードローンと同じですが、

・バイトでも定期的な収入が一定以上ある
・希望申し込み額

によって審査基準が決まる可能性が高いです。

さらに、申し込みから借り入れまでの、スピードが速いというのも魅力のひとつ。

ただし、総量規制の対象のなるので他社のローン残高と合わせて年収の1/3を超える金額の申し込みはできません。

(例)
年収300万円 → 300万円 × 1/3 = 100万円 を超える融資は受けることがで  きない。

これは、金融機関によって事前診断ができるようになっているので、試してみるとよいでしょう。(10秒もかかりません)

金利については、銀行系より高くなる傾向が強いですが、審査自体は銀行より一般的に通過しやすいと言えます。
審査に不安がある方は、1番最初に試されてはいかがでしょうか。

3 【学生必見】学生生協ローン

地域ごとの学生生協ホームページから、申し込みことができるローンのことです。

運転免許取得用学生専用のローンであるため、低金利での調達が可能。
また、約定返済型となっており、基本的には最長3年以内で返済するようになっています。

3年で契約した場合には、金利によっては1回当たりの返済額が1万円を切ることも可能ですが、手続きに1週間程度要する場合があるので、早めに行動する必要があります。

また、多くの場合に親権者の連帯保証人が必要になります。
ホームページには、提携している自動車教習所へ申し込みができるようになっていたりするので、学生には一見の価値があるでしょう。

色々なローンがあるけど審査が心配

ローンを利用したいと思っても、審査が通らないと意味がありません。
金融機関ではどのような審査が行われているのでしょうか。

金融機関から見た審査の考え方

審査が心配な方々でも、選ぶ商品と金融機関の立場で考え審査を受けることで、結果は180度変わります。

要は、
「ポイントを掴み、ご自身の状況を把握してから、商品を選択し申し込みをすること」
です。

1番重要なことは、審査に落ちないこと。

一度審査に落ちてしまうと、一定期間(※金融機関の系列毎に違う可能性がある→銀行系で落ちても消費者金融系には影響しない可能性がある)、別の金融機関に申し込みをしても、落とされてしまう可能性が上がってしまいます。

それでは、一般的な審査の流れを整理してみましょう。

【審査の流れ】
申し込み ⇒ 審査 ⇒ 契約 ⇒ 実行

大まかな流れですが、ここで審査を通すことの非常に重要なセクションが「申し込み」です。

申し込みのポイント

申し込みには、審査に必要な情報を記載する必要がありますが、基本的には半分以上この段階で決まりますので、「虚偽記載のないように書くことが重要」です。

大半の金融機関では銀行系、消費者金融系、大学生協系で決済の一定基準を設けています。一般的に、金利が高い商品程、審査が通りやすいと考えましょう。

ただし、基準がそれぞれ違っているので、個々人の状況によって審査基準に対して考え方は、必然的に異なってきます。

基本的には、個人向けの無担保ローン(カードローン等)は、審査のセクションで人間の目で審査することはありません。
コンピュータ上で、申し込み内容と個人信用照会(過去に破産歴、他社でのローン延滞、税金滞納、借り入れ状況)を基に判断しています。

これは、審査申し込み者にとって良い面と悪い面があります。

人の目で審査をしないということは、申し込み内容と個人信用照会がすべてになります。

例えば、学生が申し込みをしたとして、来月から収入が増加するとします。
しかし、見込みでの話はできないということですので、「現状のままで勝負」するためには、申し込み段階で状況を整えることが必要です。

それでは、金融機関目線で、パート別に大まかなポイントを整理していきましょう。

【金融機関目線|パート1】 金利

なぜ、金利が高い商品ほど審査が緩い傾向があるのでしょうか?

金利は、金融機関にとって債務者(顧客)に対しての成績評価のようなもの。

その成績は、貸したお金が返ってくる可能性を、数値化して審査しているようなイメージです。

当然、返ってくる可能性が低い顧客には、その分融資する側にとってリスクを許容することになるので、金利を高く設定します。

具体的に、申し込み書等に記載する内容で判断するので、年収や勤続年数、業種、申し込み金額等を総合的に審査します。

【金融機関目線|パート2】 個人信用照会

この個人信用照会は、基本的に銀行系や消費者金融系で少し違います。

要は、許容するリスクのレベルに違いがあるということ。
基本的に、破産歴がある方は難しいです。

理由として挙げられるのは、破産実績は高いリスク率を記録しているためです。
みなさんもお金を友達に貸して、返えってこなかった時に、同じ人にもう一度お金を貸すか、と同じこと。

この場合は、数年経過しないと記録が消えないため、自動審査(コンピュータ等)でおこなうカードローン等の審査は、通過できない可能性が高いとされています。

次は、多重借り入れと他の借り入れ残高状況、延滞状況等ですが、こちらはなんとか対応策を練ることで解決できたり、審査を通す金融機関が存在する可能性がありますので、諦める必要はありません。

※対応策(参考までに)
・多重借入、延滞が銀行系ばかりの場合
JAや消費者金融に審査を依頼する金融機関の層を変えることで、審査が通る可能性があります。

【金融機関目線|パート3】 学生 専業主婦

アルバイトやパートで収入を得ている場合も、審査を通すことが可能な商品が増えてきています。

収入があることが条件である機関では、アルバイトやパートも立派な収入として考えられているので、ローンを申し込む前に必ず「返済原資」である収入を得られるように、対策をしておくことが必要です。

なによりも、借りたお金を返すための根拠があることが重要です。

前述したように、自らがお金を貸す立場に立った時、返ってくるという信用に値する状況でないと貸したくはないでしょう。

難しく考えず、普通に生活していれば、審査に落ちることも少ない落ちないと考え、まず行動を起こすことがカギとなります。

運転免許を取得するためにローンを組むメリット

1 手元に資金がなくても、タイミングよく自動車学校に通い免許を取得できる
時間があるときに「タイミング」よく取得することで、後々空いた時間を有効に利用
することができます。

2 カードローン等を作成することで、今後の急な資金需要の対応が可能となる
カードローンは、運転免許に限らず使用できます。
ボーナス前の旅行や結婚式など、今後の急な資金需要に活躍してくれることでしょう。

運転免許を取得するためにローンを組むリスク

1 運転免許を取得できない(試験に受からない)
せっかくローンを組んで早期取得を目指すのであれば、1発で合格しましょう。

2 返済ができない
免許証が取得できても返済ができないことだけは絶対にさけてください。

※補足 ローンの審査が通らなかった場合
期間を置いてもう一度審査を提出するか、金融機関を変えてみましょう。
例えば、銀行系カードローンから消費者金融系に変えてみるなど…

まとめ

運転免許取得の早期取得を目指すことは、メリットが多いため、自分のタイミングでなるべく早く行動に移すことが必要です。

免許取得には、自動車学校を卒業する方法や、合宿による取得方法が一般的です。

それを実践するためには、平均20万円~30万円以上の費用が発生するので、まとまった資金が手元にないと免許取得は困難でしょう。

この状況を打破するために、資金使途フリーのカードローンや、学生生協等の運転免許ローンというものがあります。

近年では、以前より金融業への参入規制が緩和された影響もあり、様々な金融機関が誕生し商品が多様化しているので、それぞれを比較検討して選ぶことが可能になっています。

審査が不安な方々も、まずは自分の状況を第三者の目線で把握して、自らが審査を通過しやすい金融機関を選択し、自分に合った商品を選択することが重要です。

審査が通った時は、お金を必ず返済しましょう。

[SPONSORED LINK]

\ SNSでシェアしよう! /

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

勝村先生

1976年生まれ、1児の父。

大学卒業後、某大手銀行へ就職。
主にコンサルタント業務を担当。

銀行退職後はコンサルタントをしていた時に感じていた

”お金に関する知識をもっと知ればお金に困ることなく、楽しく暮らすことが出来るのに!”

という想いを形にするべく当サイト”マネコ”を立ち上げました。

現在マネコは協力者も増え、3人体制で運営しています!

これからも”学校では教えないお金の知識”を知ってもらうべく、定期的に更新していきます。

この先生が執筆した記事  記事一覧

  • お金がない時!金欠を乗り切る方法7選

  • 消費者金融・キャッシング・カードローンの限度額の仕組みはこうなっている!

  • 個人事業主がカードローンで融資を受ける方法

  • 車の運転免許はローンを利用して教習所に通って取得するのが賢い選択!

あなたにおすすめの関連記事

  • アイフル(sulali) 20号石和店 無人契約コーナーのatm・店舗に関する詳細情報(電話番号・駐車場・店頭窓口・無人契約機など)

  • アイフル(sulali) 新瑞橋店 無人契約コーナーのatm・店舗に関する詳細情報(電話番号・駐車場・店頭窓口・無人契約機など)

  • アイフル(sulali) 大津駅前店 無人契約コーナーのatm・店舗に関する詳細情報(電話番号・駐車場・店頭窓口・無人契約機など)

  • アイフル(sulali) 小平小川町店 無人契約コーナーのatm・店舗に関する詳細情報(電話番号・駐車場・店頭窓口・無人契約機など)

  • アイフル(sulali) 岡崎上和田店 無人契約コーナーのatm・店舗に関する詳細情報(電話番号・駐車場・店頭窓口・無人契約機など)

  • アコム 環状御幸ヶ原むじんくんコーナーのatm・店舗に関する詳細情報(土日祝日・18時以降の営業時間・駐車場・店頭窓口・マスターカード発行機など)