1. TOP
  2. 消費者金融・キャッシング・カードローンの限度額の仕組みはこうなっている!

消費者金融・キャッシング・カードローンの限度額の仕組みはこうなっている!

 

消費者金融のキャッシングやローンカードの契約、そして銀行のカードローンを申込む際、借入金には利用限度額が設定されているのをご存じでしょうか。

ここでは、どのようにして利用限度額が決定され、また初期に設定された利用限度額を増額が可能かどうか、その審査基準と増額ついて詳しく解説いたします。

Sponsord Links

利用限度額はどのように決められる?

キャッシングやカードローンを申し込む際、気になるのは「金利」だけではなく、どれぐらいお金を借りることができるのか、という点です。

借入金の最大限度つまり利用限度額は、金融機関によるクレジット審査(返済能力)、そして総量規制(消費者金融のみに適応します)によって決められています。

総量規制とは?

総量規制とは、ローン利用者に対し、借りすぎによる生活破綻やお金の借りすぎを防止する目的で、2010年に制定された法律です。
賃金業者が個人に貸付を実施する際、個人の年収の3分の1を超えて貸付けてははならない、という内容です。

例えば、年収300万円の人は、消費者金融から100万円を超えるお金を借りることは不可能というわけです。
多くの消費者金融では、50万円程度の借入を希望する場合は、収入証明書の提出を義務付けていないため、いつでもどこでも気軽にキャッシングやカードローンが申請でき、ある程度の金額の借入をすることができるようになっていますが、他の金融機関から借りている合算が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。

総量規制を守るために、そして借り過ぎによる問題が起こらないために、金融機関側も審査の基準を守っているのです。

ただし、現在、総量規制は、消費者金融や信販会社からの借入に適応されているのみで、銀行からの借入には適応されていません。
昨今、個人の借り過ぎや多重債務が社会的な問題となって取りあげらてきているため、銀行からの貸付にも総量規制を適応させるかどうか、議論が進んでいます。

審査によって利用限度額は決まる

融資の審査基準では、
■氏名
■生年月日
■他社からの借り入れの金額ローンの金額
■職業
■業務形態勤務先の従業員数
■勤務年数
■年収

などの個人情報に加え、クレジット履歴つまり返済能力が調べられます。
これらの情報は、審査の判断材料となる、つまり融資をするかどうか、そしてローンの利用限度額の決定の判断に利用されます。

※クレジット履歴つまり返済能力では、個人がこれまで滞りなく(遅延なく)、債務整理もせず、確実に返済をしてきたかどうかが、判断のポイントになります。

収入の安定性

金融機関では、収入の安定性をみます。金融機関からの融資を申込際、継続し安定した収入があること、という条件が必ず提示されていることをご存じでしょう。

まず、収入の安定性とは、例えば、ある月は多いのにある月は極端に少ないなど、月給にバラツキがあると良くなく、これだけで収入に安定性がないと捉えられます。

加えて、

・雇用形態(例えば、パートやアルバイトより正社員の方が優遇)
・勤続年数(数ヶ月より数年間継続して勤務している方が信頼される)
・年収(少ないより多い方が利用限度額が多くなる)
・会社(東証一部上場企業、大規模企業、コーポレートガバナンスが確立されている企業、などまさに信用がある企業のほうが有利)

といった安定性の基準として考慮されているといわれています。

金融機関では、銀行だけではなく消費者金融や信販会社においても契約の際に告げた勤務先に勤務実態を調べるための電話があります。虚偽の申告はできませんので、注意してください。

利用限度額の相場として、以下を参考にしてください。

■公務員: 50万円
■正社員、帝国データバンクの登録がある会社: 50万円
■正社員、帝国データーバンクの登録がない会社: 50万円未満
■自営業や会社経営者個人事業主: 90万円未満
■派遣社員: 30万円未満
■アルバイトやパートで、継続雇用されている: 30万円未満
■配偶者が正社員の専業主婦: 30万円未満
■季節期間雇用: 10万円未満

他社からの借り入れ履歴や返済状況

貸付を実施する金融機関では、必ず個人信用情報機関で共有されている情報を利用し、契約する個人のクレジット履歴、つまり返済能力を調べます。

■合計どのくらい借りているのか
■借入先は複数なのか
■過去の返済で遅延や不払いがないか
■債務整理などをしていないか

個人信用情報機関では、このような情報を調べることが可能となっています。
情報信用情報機関には、個人のクレジット履歴として、個人のローンやキャッシングなどの契約終了後5年間データが保存され続けます。つまり、クレジットカード、カードローン、キャッシング、ホームローンなどを継続利用している期間中だけではなく、保有期間内であれば、たとえローンの契約が終了していたとしても、金融機関の間では個人信用情報機関に保存されているデータを照会できるようになっています。

さらに、一般的に月に3社以上申し込んでいると、審査が難しくなるといわれており、仮に借入できたとしても、消費者金融の場合は総量規制(年収の三分の一)の影響も受けるため、利用限度額が低くなることも覚えておきましょう。

利用限度額は増額することが可能?

利用限度額は、最初に決められた金額から増額することが可能です。

利用限度額は、初回の貸付金額が最終的な利用限度額ではなく、確実に返済したという実績を積んでいくことで、利用限度額も上がっていきます。

毎月遅延なく返済をしていくことで、金融機関から支払能力があるとみなされ、初回の借入から半年から1年の期間を過ぎると、金融機関から増額の提案がある場合もあります。

また、「利用限度額の増額をしました」という通知が葉書で届き、利用限度額が自動的に上げられているという場合もあります。

自動的に利用限度額が上げられていない場合、増額の意思がある旨を金融機関に申請してみることも可能です。
増額の申請方法は、窓口、電話、インターネットなどで可能です。
その際には、所得証明書を提出し、自分の年収が増加していることなどを明らかにすることも良い方法でしょう。

ただし、年収が低い場合は、たとえ継続し安定した収入があったとしても、、利用限度額を増額するのは少々難しいでしょう。

他社からのキャッシングやカードローンの借り入れがなく、30万円の借入を申請した人は、年収や勤務先そしてクレジット履歴が考慮された上で、利用限度額を50万円に上げるという金融機関もあります。

最初から利用限度額を100万円に設定することは難しいため、タイミングをみて時期がきたら利用限度額の増額を申請していく方法が望ましいでしょう。

確実に返済能力があることを金融機関に証明することで、利用限度額も増額されると考えてください。

利用限度額が減額されることもある

このまま利用限度額の状態でキャッシングをし続けていたら、おそらく返済ができなくなる可能性がある、という判断を金融機関が下した場合、利用限度額が減らされることがあります。
例えば返済日に遅れる、督促しても支払が遅れる、このようなことが続いた場合は、利用限度額が減額されます。

「銀行から自動引き落としをしているから安心」と思っていたら、銀行に残高がなく返済期日をすぎてしまった、なんてこともありえます。

自動引き落としをしている場合は、返済日前に銀行残高を確認しましょう。
信頼をもとお金を借りているので、当然といえば当然ではありますが、注意が必要です。

利用限度額が上がることによって金利が下がることもある?

利用限度額によって、金利は変わります。

できるだけ低い金利で借りることができた方が、返済も楽になります。
銀行の融資では、利用限度額が高くなるほど、そして借入期間が長くなるほど、金利が低くなります。

参考までに、三井住友銀行のカードローンの利用限度額と金利を比較してみましょう。

★利用限度額 vs 金利

100万円以下 : 12-14.5%
100万円超200万円以下: 10-12%
200万円超300万円以下: 8ー10%
300万円超400万円以下: 7ー8%
400万円超500万円以下: 6-7%
500万円超600万円以下: 5-6%
600万円超700万円以下: 4.5-5%
700万円超800万円以下: 4-4.5%

このように、銀行のローンは、一目瞭然です。
利用限度額が上がるほど金利は下がります。

【おまけ】WEBでみかける最大融資額とは?

WEB上で「最大500万円の融資が可能」といった内容をみかけますが、すべての人が最初から500万円も借りることができるのでしょうか?

前述通り、消費者金融や信販会社からのキャッシングやローンの利用限度額は、個人の収入、所得、勤続年数、勤務先、そして現在の借り入れ状況や信用状況によって利用限度額が決められています。

したがって、できるだけ大きな金額を借りたいと思っても、審査によって決められた個人個人の利用限度額内で許された金額のみ借入ができること、つまり、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどに提示されている最大融資額は、自分が借りられる利用限度額ではないことを覚えておきましょう。

しかし、初期設定された利用限度額は借入状況や返済状況によっては、増額することが可能です。

まとめ

借り入れの利用限度額は、申請者の雇用形態や年収、勤務年数など、さまざまな個人情報から割り出されます。
さらに融資の審査を通すには、遅延や債務整理などを起こさず、毎月確実に返済することで、クレジット履歴そして信頼を積み重ねることができるので、現在の利用状況もしっかり確認しょう。

利用限度額の増額は途中からも申請可能となっていますので、現在借り入れを行っていて、増額を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

もしこの記事を読んで良いなと思ったり、他の人に教えてあげたいと思ったらブックマークやいいね!を押してもらえたら嬉しいです!

\ SNSでシェアしよう! /

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネコ|学校では絶対に教えないお金を貯める・増やす・借りる方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

勝村先生

1976年生まれ、1児の父。

大学卒業後、某大手銀行へ就職。
主にコンサルタント業務を担当。

銀行退職後はコンサルタントをしていた時に感じていた

”お金に関する知識をもっと知ればお金に困ることなく、楽しく暮らすことが出来るのに!”

という想いを形にするべく当サイト”マネコ”を立ち上げました。

現在マネコは協力者も増え、3人体制で運営しています!

これからも”学校では教えないお金の知識”を知ってもらうべく、定期的に更新していきます。

この先生が執筆した記事  記事一覧

  • お金がない時!金欠を乗り切る方法7選

  • 消費者金融・キャッシング・カードローンの限度額の仕組みはこうなっている!

  • 個人事業主がカードローンで融資を受ける方法

  • 車の運転免許はローンを利用して教習所に通って取得するのが賢い選択!

あなたにおすすめの関連記事

  • 【プロミス atm情報岐阜県版】場所・営業(返済)時間・電話番号一覧

  • アコム 稲毛海岸むじんくんコーナーのatm・店舗に関する詳細情報(土日祝日・18時以降の営業時間・駐車場・店頭窓口・マスターカード発行機など)

  • アコム 豊川諏訪むじんくんコーナーのatm・店舗に関する詳細情報(土日祝日・18時以降の営業時間・駐車場・店頭窓口・マスターカード発行機など)

  • アコム 高渋線中泉むじんくんコーナーのatm・店舗に関する詳細情報(土日祝日・18時以降の営業時間・駐車場・店頭窓口・マスターカード発行機など)

  • プロミス 三井住友銀行イーアスつくば出張所ローン契約コーナーの店舗への詳しい行き方と周辺情報

  • アコム 千日前通日本橋むじんくんコーナーのatm・店舗に関する詳細情報(土日祝日・18時以降の営業時間・駐車場・店頭窓口・マスターカード発行機など)